つきまとう不安とその解消法

 ITの仕事で独立するなら、仕事がずっと続くことが前提になる。他の業界と同じように仕事があるということは、それだけ需要があるということだ。他の人にできない仕事ができるとか、無理な注文にも応えてくれるなどというものがあると需要は高まるだろう。

 そうであっても、独立後の仕事については不安は付きまとうものだ。仕事がなくなってしまうことも想定するのが大事になる。メインの仕事がなくなってもいいようにサブの仕事を作っておくと良いだろう。

 独立した後のいい点は、仕事を2つ以上持つことができることだ。専任で一つの仕事だけをしているという人の方が少ないのではないだろうか。一つの仕事だけにならないように保険をかけておくと、メインの仕事が急になくなってもある程度は持ちこたえられる。仕事が無くなっても独立しているので、誰も助けてくれないのが一般的だ。自分で仕事に保険をかけておくことで、リスクを最小限に抑えることができるのだ。

 仕事以外の不安では保障がないということだろう。仕事はいつなくなるか分からないし、不健康になったときの保障もない。健康に関しては、健康を害した時のために保険に加入しておくとリスクを軽減できる。備えておけばいざとなったときに困らないのだ。

 独立後の不安はあるだろうが、それらについては対応ができるものが多い。不安ばかりを募らせないようにして、一歩を踏み出すことが肝心だ。独立は不安を吹き飛ばすくらいのメリットもある。稼いだお金はダイレクトに自分に入ってくるので、大きく稼げる可能性もある。独立する前に不安を払拭しておくと良いだろう。